予防からインプラントまで、お口の中から健康をサポートします。 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

top > 診療メニュー > 歯科治療 > クラウン・インレー(歯科用金合金)

診療メニュー

歯科治療

クラウン・インレー
(歯科用金合金)
   クラウン・インクレーについて

  義歯に最適な素材と言われているゴールドを使用。歯との適合性もよく、かみ合う歯を痛めにくい素材です。硬すぎず、軟らかすぎない素材のため、歯を痛めません。また腐食による変色もなく、長期にわたって安全にご使用いただけます。

【クラウンとは?】
クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」「被せ物」といった呼ばれ方をしています。
比較的大きな虫歯を治療した後や、根管治療をした後は、このクラウンによる治療となることが一般的ですが、ケースによってはクラウンではなくインレー、詰め物による治療となる場合もあります。


【詰め物インレーとは?】
虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。ただし、虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、クラウン(被せもの)による治療となることもあります。


   素材の違い

【ゴールドインレー・クラウンとは?】
ゴールドインレーとは主に保険外の場合に使用される、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたインレーです。これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが点でアドバンテージがあります。
また、遣う金属の種類によっては硬すぎず、適合も良いというメリットがあります。

【セラミックインレーとは?】
セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物(インレー)です。
最も見た目が良いですが、割れやすいという欠点があります。

【ハイブリッドセラミックインレーとは?】
ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。
セラミックインレーよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。