予防からインプラントまで、お口の中から健康をサポートします。 

サイト内検索ホームページ制作・スマホサイト制作・CMSサイト管理画面

top > 診療メニュー > 歯科治療 > 金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

診療メニュー

歯科治療

金属床義歯
(チタン・コバルトクロム)
   金属床義歯について

  金属床とは・・・
入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを使用したものです。精度が高く、厚みも薄く作ることができます。

保険の入れ歯の約1/3の薄さで、熱の伝わりも良く快適な状態で永くお使いいただくことができる入れ歯です。


   金属床入れ歯とプラスチック床との3つの違い

①金属床なら薄くて丈夫!! 違和感が少ない
プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因に。金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので違和感も最小にすることが可能です。
②カチッ!とした噛み心地 しっかり噛める!
プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。
金属床なら、たわみや変形も少ないのでしっかりと安定した噛み心地になります。
③食べ物の熱さ・冷たさをしっかり感じる 熱が伝わる
上あごをおおう入れ歯の場合、プラスノチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。たとえば、温かいお茶を飲んでも、上あごはその温かさをあまり感じることができません。その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。